スマホで出来る営業日報

   

アプリタイプの営業日報も、各メーカーで開発されています。スマホがあれば場所を問わず入力できる為、会社以外の場所でも入力が可能です。メンバー間での共有が出来ると、ミーティングの時間を省くことが出来仕事の生産性を高めることに繋がります。
アプリには大きく分けて2種類ですが、データベース型では報告フォームに沿って内容を自動的にデータベース化してくれます。誰がいつ、どこの顧客を訪問して成果の有無を確認出来ることが特徴です。コミュニケーション型では、部署や視点、店舗をまたいだ情報が共有出来ます。特に子会社を持つ企業にとっては、各社の情報が確認出来ます。コメントやチャットを用いた声掛けやアドバイスをすることで、社内コミュニケーションの効果にも繋がります。

営業日報アプリの使用にあたり

機種変更などでスマホを変えると、営業日報アプリをインストールすることが必要です。その際に、機種変更前に使用したユーザーIDやパスワードを入力することで利用出来ると引継ぎができて安心です。その上で、サーバーに設定した報告書のフォーマットや報告したデータを引き継げると、手間も省ける上、仕事にも支障は出ません。ただし、設定は機種変更に伴い変わりますから、アプリや機種からの確認が必要です。
営業日報は、一人一人の社員が記録した会社にとっての大切な資産です。契約期間内ならいつでも確認出来るタイプだと、振り返りの際に手間を省くことが出来ます。
アプリの変更に伴い解約が必要となれば、データが一定期間後消去出来るシステムだとセキュリティ対策にも繋がり安心です。新たなタイプに上手に引き継げるようにすることも必要です。

スマホタイプの営業日報とトラブル対策

スマホタイプの営業日報を使用する際、懸念されることにセキュリティ対策があります。社員が何かしらの理由でスマホを紛失したり、不正アクセスの被害を受けると外部に情報が伝わりかねません。特に個人でのスマホやタブレットの場合は、注意が必要です。その上で、外部からのログインを防止したりデータバックアップのシステムを採用することで安心して使用出来ます。
トラブルが起きた際に、お問い合わせが可能なサポートセンターが会社にあると、いざという時に助かります。その時の対応が丁寧であれば、安心した使用がしやすいです。無料トライアルを採用している業者もありますから、比較しながら自分に合った営業日報アプリを導入すると良いです。

ピックアップ記事

営業日報にかかる料金とは

営業日報を会社で導入する際に、維持費の問題が掛かります。概ね、1ユーザーごとの料金体系であり使用する人数が増えることで、費用が増えていく仕組みです。値段が上がることで、交通費を計算してもらえたり他のソ...

営業日報で生産性を高めるコツ

営業日報を作成するにあたり、ポイントを押さえることで生産性を高めることに繋がります。部下の立場からは効率化をすることで、他の仕事に時間をあてることが可能です。例えば営業の場合は、クライエントへの訪問件...

上司が行う営業日報の社員管理

営業日報をアプリやパソコンで管理することは、上手に行えば社員のモチベーションアップに繋がります。上司の仕事は、毎日の報告を用いて部下の一日の案件を確認してチェックすることです。特に営業の場合、顧客への...

スマホで出来る営業日報

アプリタイプの営業日報も、各メーカーで開発されています。スマホがあれば場所を問わず入力できる為、会社以外の場所でも入力が可能です。メンバー間での共有が出来ると、ミーティングの時間を省くことが出来仕事の...


重要点