営業日報で生産性を高めるコツ

   

営業日報を作成するにあたり、ポイントを押さえることで生産性を高めることに繋がります。
部下の立場からは効率化をすることで、他の仕事に時間をあてることが可能です。例えば営業の場合は、クライエントへの訪問件数が増える上接客やサービススキルを高める為の研究に時間をあてられます。お客様へはきめ細やかなサービスを提供することに繋がりますから、会社への高い生産性をもたらします。
上司の立場からは、管理の手間が省けます。日報に時間を掛けることで、部下への提出期限を迫ることや管理の問題が生じます。生産性を生み出せず、双方にとってストレスにしかなりません。効率化を図ることで、提出への早期化が期待出来る上、双方にとっても安心して任せられる仕事の一つになります。ただし、効率化に甘えずある程度の部下への管理は必要です。

営業日報の効率化が高い生産性を生み出す

部下や上司の立場で、営業日報を効率化して作業や管理に時間を短縮することで、仕事の生産性を高めることに繋がります。
余裕を持って提出をしてもらうと、日報の具体的な管理が出来、フィードバックを図りやすくなります。たとえ営業生成が良くても、業務改善のポイントやアフターケアにおけるアドバイスに時間を割きやすいです。ポイントを見つけやすくなることで、成績向上はもちろん人材育成にもなります。部下一人一人の営業成績向上やきめ細やかなケアが出来ることで部署単位だけでなく、社内全体が発展しやすくなります。

営業日報作成を効率化するためには

日報作成にて効率化に繋がるための方法はあり、テンプレートを作りそれに沿った作成をすると良いです。 初期段階で本日取り組んだ仕事内容や、次の営業訪問先での連絡事項や所見、明日の予定を作成出来る流れを作ります。特に新入社員やスマホなど機械操作に慣れていないスタッフが社内にいる場合、理解しやすいテンプレートであれば安心です。使い慣れていくうちに、期間を設けてより効率化に繋がる意見を社内でフィードバックしていくことで生産性を高めやすくなります。 クラウドサービスを用いたソフトを使用することでも、生産性を高めやすくなります。紙媒体や社内でしか出来ないタイプでは、日報の下書きをしていても再度作成時に振り返りをするため、時間を要します。その分、電車や外出先などでクラウドサービスでは営業日報を作成出来ますから、時間短縮に繋がります。アップロード機能があれば、上司の管理も提出後すぐに可能です。

ピックアップ記事

営業日報にかかる料金とは

営業日報を会社で導入する際に、維持費の問題が掛かります。概ね、1ユーザーごとの料金体系であり使用する人数が増えることで、費用が増えていく仕組みです。値段が上がることで、交通費を計算してもらえたり他のソ...

営業日報で生産性を高めるコツ

営業日報を作成するにあたり、ポイントを押さえることで生産性を高めることに繋がります。部下の立場からは効率化をすることで、他の仕事に時間をあてることが可能です。例えば営業の場合は、クライエントへの訪問件...

上司が行う営業日報の社員管理

営業日報をアプリやパソコンで管理することは、上手に行えば社員のモチベーションアップに繋がります。上司の仕事は、毎日の報告を用いて部下の一日の案件を確認してチェックすることです。特に営業の場合、顧客への...

スマホで出来る営業日報

アプリタイプの営業日報も、各メーカーで開発されています。スマホがあれば場所を問わず入力できる為、会社以外の場所でも入力が可能です。メンバー間での共有が出来ると、ミーティングの時間を省くことが出来仕事の...


特徴