上司が行う営業日報の社員管理

   

営業日報をアプリやパソコンで管理することは、上手に行えば社員のモチベーションアップに繋がります。
上司の仕事は、毎日の報告を用いて部下の一日の案件を確認してチェックすることです。特に営業の場合、顧客へのフォローの漏れが起きることで会社の信頼低下になりかねません。週単位では、部下のスケジュールを管理してリストを上げて状況把握をしていきます。その上で対応を指示していきますが、日報を基に部下のヒヤリングは適宜必要です。その上で、上司の考えや適切なアドバイスをすることで、部下の成長に繋がり会社の発展にも役立ちます。
月単位では、新規及び既存の案件状況を社員一同で共有し合います。その上で、活動状況をチェックしていきます。たとえ失注案件が出ても、次に繋げられるアドバイスが出来ます。

営業日報を用いた案件や商談管理

営業日報は、一つのツールとして有効ですが管理を間違えるとやらされている感を与えかねません。それに伴い、個人及び会社の成長や発展に繋がりにくくなります。
案件管理の角度からアドバイスをすることで、部下のモチベーションアップを図ることが可能です。案件の視点から部下とのコミュニケーションを図ることで、数字以外で見えることが出て来ます。たとえ営業成績が上がらなくなっていても、問題提起をしたり確認し合うことで双方のスキルアップに繋がります。案件を確認した上で、商談管理も次のステップとして有効です。成績の低い社員のもとに高い社員を同行させることも出来るし、得意先の情報も確認出来ます。このように、日報を有効活用する方法は満載です。

営業日報とGPS

営業職の方は、外回りの仕事だと上司が管理するにあたり日報だけでは限界があります。スマホのGPSを用いて位置情報を確認することも、有効な手段です。法律的な視点でも、就業時間中に位置情報を確認することは問題ありません。ただし、部下にはGPSがあり用途を説明しておかないと管理されていると考えてしまいます。場合によっては、トラブルに繋がりかねません。
その上で、営業訪問管理を記録したり仕事で使用した交通手段を確認することが出来る為便利です。得意先だけでなく新規顧客など次いで訪問の指示を出せると、売上アップに繋がりやすいです。近年では働き方改革に伴い、会社に出勤しなくても良い雇用形態の方もいます。出退勤を確認してたとえ自宅でも日報を書くことで、履歴が残り出勤簿の代用にもなります。

ピックアップ記事

営業日報にかかる料金とは

営業日報を会社で導入する際に、維持費の問題が掛かります。概ね、1ユーザーごとの料金体系であり使用する人数が増えることで、費用が増えていく仕組みです。値段が上がることで、交通費を計算してもらえたり他のソ...

営業日報で生産性を高めるコツ

営業日報を作成するにあたり、ポイントを押さえることで生産性を高めることに繋がります。部下の立場からは効率化をすることで、他の仕事に時間をあてることが可能です。例えば営業の場合は、クライエントへの訪問件...

上司が行う営業日報の社員管理

営業日報をアプリやパソコンで管理することは、上手に行えば社員のモチベーションアップに繋がります。上司の仕事は、毎日の報告を用いて部下の一日の案件を確認してチェックすることです。特に営業の場合、顧客への...

スマホで出来る営業日報

アプリタイプの営業日報も、各メーカーで開発されています。スマホがあれば場所を問わず入力できる為、会社以外の場所でも入力が可能です。メンバー間での共有が出来ると、ミーティングの時間を省くことが出来仕事の...


メリット