営業日報の果たす役割

   

企業は営業日報を毎日作成しています。その役割は個々の担当スタッフの日々の進捗状況を踏まえて、翌日の課題やアイデアの提案へと繋げることを確認することです。上司がその情報収集をして、戦略を考えていき共有をしていくことで、組織の発展へと繋がります。
手書きやエクセルを用いた営業日報を使用している企業もありますが、毎日の事務仕事とならないよう全体で目的意識を持たせることが大切です。一人一人が作成することで、近年ではクラウドシステムを用いて情報が伝えることが可能です。上手に活用して組織として共有出来ると、作業効率化が高まります。上司やマネジメントをするスタッフにも、処理や部下への指示するための相応の能力も求められます。

営業日報はメリットが満載

企業の発展に繋がる点で、営業日報のメリットはいくつかあります。マネージャーの視点で売上成績以外での情報が確認出来ます。担当地区の客層や地域性、時期的な要素を踏まえた情報を確認出来ると、数字以外の評価ポイントが見つかります。お客様の声や競合他社の情報も入れていると、一つの資料として戦略を立てやすくなります。
担当スタッフの視点からは、一日の仕事内容を日報として記すことで振り返りが出来ます。特に営業の場合、お客様と話した内容を記して別日での対応へと活かせることで信頼度が増します。他のスタッフとお互いのアイデアを共有出来ると、双方のスキルアップに繋がります。
退職や人事異動で引継ぎをする際にも、詳細な把握をすることでスムーズな運びになります。

クラウド化出来ると営業日報が良い所

クラウド化した営業日報には、仕事の生産性を高めたり管理面でも大きな助けになります。モバイルデバイスタイプの場合、外出先から必要な情報を入力出来たり、電車の中でも実績の更新や進捗状況の確認が可能です。組織全体で共有し合うことが出来ると尚良いです。
営業支援システムのツールが、アプリなどで開発されています。入力された情報が自動的にスケジュール帳や案件として反映されると便利です。上司への報告が必要な際に、進捗状況や成果をグラフ形式で表してもらえると、手間が省ける上説得力が増します。たとえ営業成績が進まない部下がいても、フォローアップが素早く行えます。業者によってばらつきがありますが、概ね料金は月額制で管理者と社員の数により異なります。会社の規模や予算に応じた営業日報を見つけることで、生産性をより一層高められます。

業務改善はホウレンソウから。スマートに報告書作成、チャットツールでコミュニケーションです。 簡単なので中小企業様にも多くご利用頂いております。 スマートワークアクセラレーター。cyzenは、スマートワークを強力に後押しする業務アプリです。 導入社数1,300社以上の実績があります。スマートフォン一つでカッコよく働き方改革ができます。 四谷見附ビルディングは外堀通り沿いです。 営業日報の効率化ならcyzenへ

ピックアップ記事

営業日報にかかる料金とは

営業日報を会社で導入する際に、維持費の問題が掛かります。概ね、1ユーザーごとの料金体系であり使用する人数が増えることで、費用が増えていく仕組みです。値段が上がることで、交通費を計算してもらえたり他のソ...

営業日報で生産性を高めるコツ

営業日報を作成するにあたり、ポイントを押さえることで生産性を高めることに繋がります。部下の立場からは効率化をすることで、他の仕事に時間をあてることが可能です。例えば営業の場合は、クライエントへの訪問件...

上司が行う営業日報の社員管理

営業日報をアプリやパソコンで管理することは、上手に行えば社員のモチベーションアップに繋がります。上司の仕事は、毎日の報告を用いて部下の一日の案件を確認してチェックすることです。特に営業の場合、顧客への...

スマホで出来る営業日報

アプリタイプの営業日報も、各メーカーで開発されています。スマホがあれば場所を問わず入力できる為、会社以外の場所でも入力が可能です。メンバー間での共有が出来ると、ミーティングの時間を省くことが出来仕事の...